スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余韻を楽しむ Caudalie コーダリー

お花見Weekを乗り切るべく、上野へ

不忍池のすぐそば、東天紅のすぐ裏にひっそりとありました
Caudalie コーダリー
IMG_3174_1.jpgIMG_3175_1.jpg

店名のCaudalie とは、仏語でワインを
表現する際に用いられる言葉で
余韻の長さを表す単位だそう








IMG_3182.jpg
16席ととても小さなレストランですが、
大きなワインセラーがあり、お料理、サービス共に
とてもクオリティの高い一軒でした

ランチの構成は下記の3つ
- 1,800円( 平日限定)
サラダ、スープ、メインディッシュ、コーヒー&小菓子
- 2,800円
スープ、前菜、メインディッシュ、デザート、コーヒー&小菓子
- 4,000円
アミューズ、前菜、スープ、お魚料理、お肉料理、デザート、コーヒー&小菓子

平日だったので、1,800円の平日ランチにしようかと思っていたのですが、
せっかくだし、前菜とデザートも頂きたい!
でも、4,000円だと、Too Much!
と言う事で、真ん中の2,800円のコースです


パンは、熱いくらいのものを出して
くれました 
中がもっちりとしていて、とても
美味しいパンでした






SOUPE ポタージュ
すごく美味しかったこのポタージュは、アスパラ、ポロ葱、キャベツを
カプチーノ仕立てにしたもので、上にのっている赤いものは、
イベリコ豚のチョリソーとオリーブオイルをかけています
IMG_3190.jpg

前菜 Asperge Blanche ホワイトアスパラガスのサヴァイヨン
IMG_3193.jpg

立派なホワイトアスパラガスのグリル 今が時期なだけに甘くて
シャキシャキとした食感が美味しい
白ワインのサヴァイヨンソースもアスパラの甘みを引き立てていました
付け合せは、サーモンとホタテを燻製にしたもの
レアなサーモンとホタテから軽いチップの香りが鼻から抜けていきます
IMG_3194.jpg

メイン Poisson 本日の鮮魚
この日は、白カサゴとスズキの2種類
皮がパリパリにグリルしてあり、身はふんわり
ソースは、ジェノベーゼ
IMG_3198.jpg

付け合せは、バジルをのせたグリルドトマトと、パプリカとトマトのラタトゥイユ
IMG_3200.jpg

DESSERT
木苺のムースリーヌ フランボワーズソース
アールグレーとラズベリーのムース
IMG_3202.jpg

ナッツとドライフルーツがたっぷり入った左側は、甘さ控えめ
アールグレーの香りが楽しめたムースも上品な甘さでした
IMG_3203_1.jpgIMG_3205_1.jpg

MIGNARIDISE ET CAFE
レモンピールとヘーゼルナッツのフィナンシェ
プラリネのマカロン
ゴマのサブレ
IMG_3208.jpg


前菜には、カニ入り竹の子のフラン(茶碗蒸し)や猪のテリーヌ、
メインには、豚ホホ肉の煮込みやホロホロ鳥 胸肉のロティなんかが
あり、他の物も食べてみたかったので、また行きたい一軒です

このコレクション、センスいいです!
IMG_3184_1.jpgIMG_3187_1.jpg


Caudalie コーダリー
台東区池之端1-6-19
TEL:03-3828-3006
スポンサーサイト

テーマ : フレンチ - ジャンル : グルメ

Comment

No title

素敵なフレンチレストランですね
美味しそうなお料理嬉しいですね

Re:ryuji_s1 さん

こちらのレストランは、お料理もサービスも
とても丁寧でよかったです。

今度は夜も伺ってみたいと思います。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。