スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モルトと和菓子マリアージュセミナー」

こちらの方 にお誘い頂き、 銀座 THE GRAND BAR で行われた
SUNTORYさんの「モルトと和菓子マリアージュセミナー」に参加してきました!

resize0726.jpg

和菓子の歴史や、ウィスキーモルトの製造工程、美味しい飲み方に
ついての講義と、その2つのマリアージュを愉しむセミナーでした
resize0722.jpg

子供の頃、母と姉は茶道を習っていて、いつも一緒にお教室に行っていた
のですが、私は全くお茶と言うキャラの子供ではなかったため、もっぱら
お抹茶と上菓子のお味見係でした
今となっては、茶道やっておけばよかった!と後悔の念に
苛まれている訳ですが・・・

そんな子供の頃から大好きな和菓子を今回はウィスキーとマリアージュ!
ウィスキーならショコラでしょ!!!と思いがちで、最近フランス菓子に
押され気味の和菓子ですが、ウイスキーと和菓子の思わぬマリアージュを
体験できました

まずは、スイーツプランナーの平田早苗先生による和菓子についてのお勉強
「和菓子は五感の芸術」
人間の五感である視覚・味覚・触覚・嗅覚・聴覚
見ておいしそうと感じ、口にして美味しいと感じる
手で触れ、楊枝で切る時の指先に感じる重み、舌触り、喉を通る触感
素材の持つ香り、噛んだ時のパリっという音
それらを感じながら愉しむと、より味わい深く和菓子を頂けるかもしれません

・塩瀬総本家 志ほせ饅頭
山芋が入ったふわっとした皮と甘さ控えめな餡
お饅頭は鎌倉・室町時代に登場したそうです

・榮太樓總本鋪 名代 金鍔(きんつば)
餡の周りに少量の粉をつけて少し焼いたきんつば
既に江戸時代からあったそうです
resize0727.jpg

今回はサントリーの主席ブレンダー 藤井さんのお話を伺いました
自社樽製造工場を持つサントリーならではのこだわりの「樽談義」
毎年アメリカやスペインへ赴き、木の選定や管理にまで携わっているだけあり、
藤井さんのお話は大変力が入っていてとても楽しかったです
プレゼン力高し!

ヴァニラのような甘い香りのアメリカン ホワイトオーク樽
シェリー樽とも呼ばれ、チョコレートやレーズンのような甘酸っぱい
香りと味わいのスパニッシュ コモンオーク樽
藤井さんが“神社仏閣臭”と説明されていた国産 ミズナラ樽
なんとなく分かるお香のような香り

ウィスキーはオジサマの飲み物だと思っていたのですが、
ホワイトオーク樽で仕込まれたタイプはまろやかで甘いヴァニラの
こってりと深い香りは女性にも飲みやすく受け入れられやすい
のではないかと思いました

続いて、モルトと和菓子のマリアージュ講座
最近 "Degustation デギュスタシオン" "おまかせコース"なんて言う
フランス語をよく耳にしますが、お酒にも"試飲"とか"利き酒"といった
意味で使えます

5種類の異なる味や香りを持つウイスキーに合った和菓子をご用意
して頂きました
今回は、濃く強い味わいのウィスキー × しっかりと甘く濃い和菓子 の
組み合わせと、濃いものにあえて逆の味わいを組み合わせると言う
方法で Degustation!
resize0730.jpg

・山崎12年 × とらや 夜の梅 と 静岡御前崎 亀まんじゅう
resize0733.jpg
夜の梅はもっとこってりまったりの羊羹を想像していましたが、意外と
しつこくない甘さ
亀まんじゅうは周りの皮がもっちりとしていて好みのタイプの
おまんじゅうでした

・白州12年 × とらや こがねぎく 抹茶餡
resize0734.jpg
ふんわりした軽い口当たりのこがねぎ
抹茶が主張すぎずお上品な味

ミントを手の平で叩いて香りを出して入れた白州は新緑の香りのようにフルーティで爽やか
resize0728.jpg

・響17年 × 文明堂 五三カステラ
resize0735.jpg
文明堂の人間国宝 森 幸四郎氏のカステラ
最近は大丸にも出店していてどら焼がおいしい森 幸四郎
桐箱入りの立派なカステラは、ほんのり香るはちみつのような、カスタードを
思わせるような響と合いました

・サントリー・オールド × かわみち屋 そばぼうろ
resize0729.jpg
そばぼうろは赤ちゃんみたいで素朴な味
かりかりとした噛み応えのあるそばぼうろとサントリー・オールドの組み合わせ
もなかなかでした

・角瓶 × 王様堂 ぬれせんべい
resize0736.jpg
餡子と甘い和菓子が続いて、しょっぱい系に飢えていた時に突如現れたぬれせんべい!
もっちりとしたこのぬれせんべい、とっても美味しかった!

resize0737.jpg
これはマリアージュと言うより、このぬれせんべいの美味しさに感動した気が・・・

ここで、お父さんのためのウイスキー講座
おいしいウイスキーを飲むポイントはこちら
resize0731.jpg
氷たっぷり入れて、水を足さずに13回転半かき混ぜます
天然水を2~2.5倍注ぎ3回転半程度かき混ぜます
↑なかなか細かいですね。。。

やっぱり餡子系の和菓子にはお抹茶が欲しくなってしまう私です
ここまでやるなら、上菓子とウィスキーのマリアージュもしてみたかったなー


この後は、日比谷Bar WHISKY に移動してのパーティー
resize0725.jpg

1ショット1万円なんて高級ウィスキーやヴィンテージものがたくさんあり
resize0732.jpg

乾杯はウィスキーをソーダで割ったウィスキーソニック
レモンピールを浮かべたソーダ割りはウィスキー初心者の私にも飲みやすかった!
resize0723.jpg
強めにスモークしたチキンの入ったサンドウィッチがおいしかったです

石田衣良さんのネーム入りウィスキーなんかもありました
resize0724.jpg


ウィスキーと和菓子を合わせると言う意外性は大変興味深く、和菓子の
歴史たるや深いのです
未知の世界に足を踏み入れたような意外性のあった今回のセミナー
もっと知ったら色々な愉しみ方ができるんだろうなーと思いました

スポンサーサイト

Comment

No title

ウイスキーと和菓子の組み合わせって斬新的です。
ちょっと思いつかないですね。
楽しそうなセミナーですね(^^)

Re:ポム・ド・テール様

ちょっと思いつかない組み合わせですよね。

こういったセミナーに参加しなければ、体験できない
楽しいセミナーでした!

No title

こういうの、面白いですね♪
個人的には、ぬれせんべいにウイスキーってのが好みかも。

サントリーさんなら和風テイストのリキュールも人気商品が多いので
いろいろなカクテルでも楽しめますね。
「吉野」などは本当に名作カクテルで、私も自分でこれを作るために
グリーンティ・リキュールと桜花漬を買ってました。
http://www.suntory.co.jp/cgi-bin/wnb/cktl.pl?ID=yoshino

Re:つきじろう様

グリンティリキュールに桜の塩漬けなんてオシャレですねー!
ご自分で作るなんて、本当にお好きなんですね。

ゲコな方が多い中では希少です!(笑)

#このたびはご迷惑おかけしまして・・・
#再訪ありがとうございました。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。