スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン市内観光

ホーチミン2日目の午前中は、ツアー に付いていた市内観光へ

統一会堂
resize0851.jpg

1866年にフランス官僚のために建てられた南ベトナム政権の大統領官邸
南北分裂後は、ベトナム共和国の大統領官邸として使用されたそうです
resize0852.jpg

1975年4月30日のサイゴン陥落のとき、解放軍の戦車がこの建物の
鉄柵を突破し、ベトナム戦争は終結を迎えました
resize0845.jpg

大統領会議室や国書呈上室、映画館など
resize0847.jpg

resize0846.jpg

立派な中庭もありresize0862.jpg


戦争証跡博物館
resize0855.jpg

1964年~1975年のベトナム戦争をはじめ、1968年のソンミの虐殺事件、
1973年の中越戦争についての写真などがたくさんおいてありました
resize0856.jpg

本物の爆弾や戦車、飛行機、ヘリ、兵器、などの展示
こうしてただおいてあると、乗り物が好きな方なんかには楽しいと思える
のかもしれませんが、博物館の中は目を覆いたくなるような物ばかりでした
resize0848.jpg

アメリカの枯葉剤の影響で生まれた子供達の写真、ベトちゃんドクちゃんの
写真もあり、ショッキングな展示ばかりでした

一角には、当時の捕虜収容所を再現した建物には、ギロチン台なども置いてあり
写真を撮れる気持ちにはなれませんでした・・・

日本人ジャーナリスト、カメラマンである一之瀬泰造さん、沢田教一さんの
撮影した写真などもあり
resize0849.jpg

子供達の書いた絵は、車椅子に乗る人、足や手のない人の絵が多く
平和を願うメッセージを込めたものも数多くありました
resize0850.jpg


聖母マリア大教会
赤レンガ造りのシンボリックなカトリック教会
resize0858.jpg

日曜日だったこの日は、ちょうどミサを行っていて、パイプオルガンの音色が
綺麗でした
resize0857.jpg


中央郵便局
resize0853.jpg

1800年代末、フランスの統治時代に造られたクラシックな建物
resize0854.jpg

郵便局の中には、ギフトショップがあり、少々不気味な人形が・・・
resize0860.jpg


ベンタイン市場
resize0861-1.jpg

1914年にフランス人によって建てられたホーチミン市内最大の市場
食品、雑貨、布、衣類、化粧品などあらゆるものが置いてありました
resize0843.jpg

靴屋さんやバック屋さんには日本語を話す女性が多く、かなり値切れます
1つバックを買いましたが、最初の言い値から1/4まで値下がりすると言う
驚異の市場でした
resize0844.jpg


スポンサーサイト

テーマ : ベトナム - ジャンル : 海外情報

Comment

No title

バイク、めちゃ多いね。なんでチャリンコじゃないんだろう?安いバイクが出回っているのかな。
やはり戦争証跡博物館ってあるのか。長い間、戦禍を被った国だから風化させないように造られているんだろうな。パールハーバーのアリゾナメモリアルや広島の平和記念資料館も行くと考えさせられるもんなぁ。

あれは登場しないのかな(笑)

Re:ロレンス様

バイクは、めちゃ高いらしいです。
でも、1台買うと20年くらい乗るとガイドさんが行っていました。
多分、1台に何人も乗れるので、自転車より便利なのかもしれません。

戦争証跡博物館は、日本人はあまり行かないようです。
アメリカ人なんかは、どんな思いでここをみるんでしょうね・・・

あれとは?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。