スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミンからハノイへ

4日目は朝4時起きです・・・
5時にホテルを出てハノイへ向かいます

resize0921_20071212213417.jpg

6:30AMホーチミン発 8:30AMハノイ発
まさかヴェトナムで日の出を見るとは!
resize0922_20071212213432.jpg

ハノイ ノイバイ国際空港からハノイ市内までは、日本企業の工場がたくさんありました
Canon、Panasonic、YAMAHAなど
ハノイのYAMAHA工場では、バイクや車の部品だけを作り、その部品をタイへ輸出して
またヴェトナムへ輸入するとの事
関税がすごいでしょうね・・・

ハノイはあいにくの曇り空
ハノイで最初の観光は、ツアー にてホーチミン廟へ
建国の父であるホーチミン主席の遺体が、ガラスケースに入れられて安置してある
ホーチミン廟は1975年9月2日の建国記念日に建造
30m四方の大理石造りの廟で蓮の花を模している
ここは、セキュリティが大変厳しく、カメラ、携帯を持ち込む事ができないため、
外で待ってくれているガイドさんに預けます
また、短パン、サンダル、帽子、サングラスなども禁止
廟の中では、ひそひそ話や少し笑っただけでも注意されます
それくらいホーチミン主席に敬意を払っているのですね
resize0927.jpg
一般に公開している遺体は、蝋人形
でも、その蝋人形の下には、防腐加工した本物の遺体が安置してあり、9月2日の
建国記念日には、本物の遺体が現れるそうです

続いて、一柱寺
resize0930.jpg

蓮の花が浮かぶ池の上に建ち、1本の石柱によって支えられている事からこの
名前が付いたそう
悲母観音の夢を見たことで子宝に恵まれたリータイトン王が感謝を込めて1049年に
建てたもの
resize0937.jpg

私もあれもこれもお祈り
resize0948-1.jpg

ここでは、歯を黒く塗った部族の方がいました
resize0939.jpg

お次は、文廟
resize0940.jpg

1070年に建てられた文廟
屋根の上には、鯉の滝登りならぬ滝下り?
resize0933.jpg

1076年には境内にヴェトナム最古の大学が開設され、官吏の養成所となった
内部はとても静かで、落ち着いた雰囲気
resize0934.jpg

ヴェトナムでも、鶴は千年亀は万年 日本と同じく縁起のいいものです
resize0943.jpg

池を取り囲むように立つ82本の石碑は、科挙に合格した人の氏名と経歴が
それぞれびっしりと記されている
石碑は亀の石像の上に立っています
私も頭が良くなりますようにー!亀の頭をなでなで
resize0942.jpg

建物の中は朱色一色!
resize0935.jpg

中国と同じく龍もいろんな所に現れます
resize0924_20071212213451.jpg

池には蓮があちらこちらに咲いていました
resize0936.jpg

文廟の外に出ると、ピーナッツやお芋を売る人
resize0925.jpg

シクロに乗る外国人観光客など
resize0926.jpg

ハノイは、ホーチミンとはまた違った雰囲気で、もっと雑踏とした感じの街でした

スポンサーサイト

テーマ : ベトナム - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。